浜松市の歯科医院 歯医者 つぼい歯科医院 浜松駅近く

電話番号

インプラント

インプラントとは?

インプラントは、天然歯に近い噛み心地から「第二の永久歯」と言われる人工歯根を顎に直接埋め込む治療法のことです。最近では大変話題になっている治療法ですので、ご存知の方も多くいらっしゃると思います。

「痛くて入れ歯を入れていられない。」
「健康な歯を削るブリッジはにはしたくない。」
「歯が抜けたままになっている。」
「自分の歯で食べられるようになりたい。」

という方にインプラント治療はお勧めです。

歯は全身に影響を及ぼします。

インプラントの構造

インプラントとは、歯の抜けた部分にチタン製の人工歯根を埋め込んで土台とし、その上にセラミックなどの歯冠を装着する治療法のことです。

お口の中は思っている以上にデリケートですから、歯を1本失うだけでも噛み合わせが悪くなり、体全体にまで大きな影響を及ぼします。天然歯のような自然な見た目と、「噛む」「話す」といった機能の回復、周囲の歯に影響を与えない治療法はインプラント治療しかありません。

しかし、インプラントを埋入する顎には、無数の神経と血管が通っています。このような場所に勘や経験だけで治療を行うことは大変な危険と大きなリスクが伴います。坪井歯科医院では、提携病院により「CT撮影」を行い、状況を確実に把握した上で治療を行っております。

当院で使用しているインプラント

POIインプラント

当歯科医院ではPOIインプラントをメインに使用しております。
POIインプラントは、日本のインプラントシステムの中では最も歴史があり、現在では日本最大のインプラントメーカーとなっています。海外のインプラントメーカーの場合、1本約3〜5万円ほどするのに対し、POIインプラント等、日本のインプラントの場合、約半分の価格で使用することができます。つまりは、患者様の経済的な負担を少なくできるということです。
後発のため、実績という点においては海外品に少なからず劣っていることは否めませんが、1回法、2回法を選択でき、十分に利用価値のあるインプラントと言えます。

また、「審美性」を追及した「POI−EX」という新しいインプラントが開発され、より一層多様化する患者様のご希望に沿えるよう発展しております。

ザイブインプラント
ザイブインプラント

これまでは、無歯顎や骨吸収の進んだ顎堤の治療は、骨の量を増やす手術が必要など大変に困難でしたが、オッセオインテグレーション(チタンと骨の結合)を高めたザイブインプラントシステムにより、骨量が少なくてもインプラントを埋入することが可能になりました。

また、一般的なインプラントではアバットメント(支台部)が金属製のため、歯肉から金属色が透けて見えることがありましたが、酸化ジルコニウム製のアバットメントを使用することで、高い審美性を追及することが可能になりました。

ザイブインプラントの利点

  • 直径3.0の極細インプラントにより、骨増大手術がいらない。
    長さ8mmのショートインプラントで、骨幅の少ない場所にも植立可能。
  • インプラントの切れ込みを深くすることで、骨密度が低い場合にも安定した初期固定性。
  • 酸化ジルコニウム製アバットメントを始め、豊富な補綴パーツ。
  • 骨再生に最適な新しい表面性状。
  • 緩みのない接合様式。
  • 酸化ジルコニウムアバットメントにより、金属を使用しない優れた審美性。

歯科用CTによる正確な診断と安全な治療

つぼい歯科医院では、全てのインプラント手術をするにあたり、提携病院の手術室を借りてオペを行っております。
経験や勘に頼ったインプラント治療には危険が伴います。CTスキャン解析ナビゲーションを利用することで、難易度の高いインプラント治療を行うことが可能です。

撮影時間自体は数10秒ですが、撮影した画像データの作成時間を含めると約30分〜1時間程かかります。

CT撮影とは?
顎の3D画像

CT撮影した3D画像。

CTとは様々な角度からX線をあてて、体を輪切りにした断面画像で見ることができるようにする装置です。
撮影された画像からは、血管や神経、骨などの正確な位置を確認することができます。

虫歯などで通常使用するレントゲンでは、歯並びの様子を見たり、虫歯の治療を行うのには十分な情報を得られますが、安全なインプラント治療を行うためには、顎の骨の状態を正確に診査・診断することが重要です。
CT撮影により、3次元で顎の骨の状態、骨の硬さや形、神経の位置まで正確に把握することができ、より精度の高い診査・診断を行うことができます。

精密な治療が可能です

顎の3D画像

画面を見ながらご説明します。

CT撮影した3D画像を元に、インプラントのシュミレーションソフトを使用し、実際にインプラントを埋入する位置や角度、インプラントのサイズまで確認することができます。これらの画像を見ながら治療計画を立ますので、安全で無理がなく、精密なインプラント治療が可能になりました。
他の歯科医院でインプラント治療を断られた方も、ぜひ一度ご相談ください。
CT撮影により診断する事で、現在の顎の骨の状態がより正確に把握できますので、インプラント治療が可能になるかもしれません。


当歯科医院では、「磐田市立総合病院」のオペ室でインプラント治療を行っております。
病院の高度な設備を使用できるため、安全性の非常に高い治療を行うことが出来ます。

サージガイドを使用した治療法

つぼい歯科医院では、インプラントを埋入する際に「サージガイド」を使用し、インプラントの安全を確保し、正確な埋入を行っています。

インプラント治療では、CT撮影したデータより、顎の状態、神経の位置などを把握し、最適な治療計画を立案します。サージガイドはそれらのデータを元に製作されますので、ドリルで穴を開ける位置から埋入の角度、穴の深さまで正確にコントロールしてくれます。

サージガイドの利点

  • 直径3.0の極細インプラントにより、骨増大手術がいらない。
    長さ8mmのショートインプラントで、骨幅の少ない場所にも植立可能。
  • 切開しないので痛みが少ない。
  • 治療後の腫れが少ない。
  • 縫合がいらない。
  • 手術時間の短縮。

サージガイドによる治療例1

右の下顎にインプラントを4本埋入

右の下顎にインプラントが4本埋入されています。

使用したサージガイド

使用したサージガイド。欠損部部を模型で再現しています。

サージガイドによる治療例2

下顎にインプラントを2本埋入

下顎にインプラントが2本埋入されています。

下顎にインプラントを2本埋入

インプラントが正確に埋入されています。

使用したサージガイド

使用したサージガイド。実際に、このように顎に被せて使用します。

インプラント治療手順
インプラント 1回法
インプラント 1回法

1回法とは、手術が1回で済みますが、インプラント治療の成功率が多少落ちる治療法です。
1回目の手術でフィクスチャーを埋めた後、「ヒーリングアバットメント」というものを歯肉の表面に出しておき、そのまま骨とインプラントが引っ付くまで2〜6ヶ月待ちます。上部構造を装着するときにはヒーリングアバットメントを外すだけでよいので、手術が1回で済むというメリットがあります。
ただし、インプラントと骨が引っ付くまでに感染が起こるリスクが高くなります。

インプラント 2回法
インプラント 2回法

2回法とは、手術が2回必要になりますが、インプラント治療の成功率が高くなる治療法です。
1回目の手術でフィクスチャーを埋めた後、一旦歯肉を縫って閉じます。そのまま骨とインプラントが引っ付くまで2〜6ヶ月待ちます。
上部構造を装着する際には、もう一度歯肉を切ってアバットメントを装着しなければならないので、手術が2回必要になります。

しかし、感染が起こるリスクは低くなり、インプラントの成功率が高くなるので、1回法よりも2回法のほうが頻繁に行なわれています。

骨を再生することでインプラントは可能です。

虫歯や歯周病で歯を失ったままにしていると、骨が吸収され薄い顎の骨になってしまいます。
インプラントは顎の骨と結合してこそ噛む力を発揮するので、顎の骨の高さや幅がないと埋め込むことができません。このような方には、顎の骨を再生または生成して、顎の骨にできるだけ深く埋め込み、確実に支えとなるようにする必要があります。
顎の骨の再生や生成には、顎の骨の状態やインプラント手術の手法によって様々な方法があります。

GBR法
GBR法

虫歯や歯周病で歯を失ったままにしていると、骨が吸収され薄い顎の骨になってしまいます。
インプラントは顎の骨と結合してこそ噛む力を発揮するので、顎の骨の高さや幅がないと埋め込むことができません。このような方には、顎の骨を再生または生成して、顎の骨にできるだけ深く埋め込み、確実に支えとなるようにする必要があります。
顎の骨の再生や生成には、顎の骨の状態やインプラント手術の手法によって様々な方法があります。

ソケットリフト法

上顎へインプラント治療を行う際に、顎の骨の量が足りず、手術が困難な場合に行います。
上顎の上には鼻の奥へと広がる上顎洞という空間があります。骨が吸収され骨幅が少なくなった時に手術を行ってしまうと、インプラントが上顎洞を突き抜けてしまいます。
ソケットリフト法は、専用の器具を使用し、上顎洞の底部の骨を押し上げながら骨補填剤を充填することで、手術可能な骨幅まで再生させます。

ソケットリフト法
サイナスリフト法

ソケットリフト法では、骨幅の確保が難しい5mm以下の場合に行う手術です。
上顎洞底面にあるシュナイダー粘膜を骨から剥離し、そこにできたスペースに自家骨や骨補填剤(骨生成剤)を充填していき骨幅を確保します。
サイナスリフト法と比べ治療期間は長くなりますが、確実にインプラントを埋入するためには必要な治療法です。

サイナスリフト法

インプラントQ&A

インプラント治療に年齢制限はありますか?
医学的・解剖学的に条件が満たされていれば、基本的には骨の成長がほぼ終了する最低16歳以上が適応となります。年齢の上限はありませんが、顎の状態によっては適さない場合もあります。
インプラント手術ってやっぱり痛いですよね?
口の中に局所麻酔をしてから治療しますので、手術中の痛みはほとんど感じません。
ただし、切開する治療の際は、個人差がありますが、普通の傷口と同じく麻酔が切れてからの痛み・腫れは発生します。
治療期間はどのくらいですか?
通常インプラントと顎の骨が結合するのには数ヶ月必要です。
治療法によっても異なりますが、上部構造の歯が入るまでに、上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月程度の期間が必要です。
歯周病でも大丈夫ですか?
お口の状態が悪いと、インプラントを長持ちさせることができませんので、歯周病をしっかり治してからインプラント治療を行ったほうが良いでしょう。
当歯科医院では歯周病改善のために、個別に治療計画を立てた歯周病治療を行っておりますので、ご安心ください。
糖尿病でも大丈夫ですか?
医師の指導のもと、十分にコントロールされていれば大丈夫ですが、状態によってはインプラント手術ができない場合もあります。
詳しくは病状を相談して下さい。
インプラントはどのくらい持ちますか?
インプラントはチタン製で丈夫にできています。お手入れされしっかり行えれば、半永久的にご使用いただけます。しかし、口腔環境の管理が不十分なままでは歯周病になり、周囲の骨が後退し、インプラントを支えられなくなります。
噛めるようになったから良かったではなく、定期的な検診とご家庭でのしっかりしたケアを行い、インプラントを長持ちさせましょう。
骨の量が少なくても治療できますか?
当歯科医院では、GBR法、ソケットリフト法、サイナスリフト法など骨の量を増やす外科手術を行っております。また、骨密度が低い方でも手術することなく埋入が可能なインプラントもございます。
他医院にて難しいと言われた方は、ぜひご相談ください。
治療費はどのくらいかかりますか?
インプラント治療は自費診療ですので、保険は適用されません。
使用するインプラントの種類、本数、上部の人工歯の種類によって費用は異なります。まずは、治療計画をご説明し、治療費等含め、じっくりご検討いただけますのでご安心ください。
ページTOPへ戻る