矯正歯科-浜松市ほか磐田市・袋井市・豊橋市・豊川市など近郊・静岡県外からの患者さんも多数

矯正歯科

悪い歯並びによる障害

矯正治療は、ふぞろいな歯並びや噛み合わせに外部から力を加え、歯を移動したり、顎の骨に変化を起こし、美しく理想的な歯並びや噛み合わせに整える治療です。
歯並びや噛み合わせが良くなることで、お口の機能改善が得られ、よりいっそう健康になります。

口もとや顎の輪郭もきれいになり笑顔に自信が持てるようになり、「積極的になる」「明るくなる」など精神的効果も期待できます。

つぼい歯科医院では、できるだけ削らない・痛くない最新の矯正治療を行っています。矯正治療の必要な歯並びや治療の時期、当歯科医院の治療方法をご覧ください。
磐田市・袋井市・豊橋市・豊川市など遠方から来院される方も多い矯正歯科です。
アクセスマップはこちら

矯正治療の必要な歯並び・噛み合わせ

歯並びが悪いと、

  • 食べ物を良く噛めない(咀嚼機能障害)。
  • 歯が磨きにくく虫歯や歯周病になりやすい。
  • 言葉がはっきりしない(発音障害)。
  • 口臭が気になる。
  • 口元が気になる(心理障害・コンプレックス)。

などの障害が起こりやすくなります。

きれいな歯並びは口元が美しくなるだけでなく、正しい噛み合わせによる食生活の健全化と健康の増進、歯周病の防止、そして何より自分に自信を持って積極的な行動が取れるようになります。
特に子供の場合、整った歯並びや容姿は、生涯を通じて明るく積極的な性格をもたらしてくれるはずです。

不正咬合

不正咬合にはいろいろあります。
ご両親はお子様のお口の中の状態が不正咬合かどうかを、十二分に理解して下さい。きちんと理解して、どこを治す必要があるのか、どこを治していくのかを理解してから矯正を始めてください。ただ単に、前歯が並べば良いわけではないのです。

様々な不正咬合
上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の前歯が前に出た状態で、出っ歯のことです。

反対咬合(下顎前突)

反対咬合(下顎前突)

下の前歯が上の前歯より前に出た状態で、受け口ともいいます。
横顔がしゃくれたように見えることもあります。

上下顎前突

上下顎前突

上下の歯が前に突き出た状態で、唇を自然に閉じられない方もいます。

すきっ歯・空隙歯列(くうげきしれつ)

すきっ歯・空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の隙間が開いていて、食べ物がはさまりやすかったり、隙間が目立ちます。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

歯がデコボコと重なり合った状態で、八重歯や乱ぐい歯のことです。
歯磨きがしにくいため虫歯や歯周病になりやすい噛み合わせです。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

閉じた前歯が噛み合わず隙間が開く状態です。
食べ物によっては噛み切れない時もあります。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯が下の歯に深くかぶさった状態です。顔が短く見えたりします。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

歯の噛み合わせが部分的に反対になっている状態で、顔が歪んで見えたりします。

治療を始める時期は?

大人の場合

基本的にはいつでも可能ですが、年齢とともに歯が動きにくくなるので、早期治療をお勧めします。

子供の場合
矯正のタイミング

上の永久歯の前2本と、下の永久歯の前4本が生えそろった状態。

一般的には、最も遅くて、上の永久歯の前2本と、下の永久歯の前4本が生えそろった時までに始めます。
このタイミングが一番期間的にも短く、そして完成度、仕上がりも一番きれいになります。

4〜7歳くらいの年齢が適切ですが、これ以上の年齢では無理かと言うとそんなことはありません。
早くから始めますと、休み休み装置を付けていてもいつの間にか治っているのです。しかし、遅く始めますと期間は確かに短いのですが、「ヨーイドン!今日から絶対休まないでつけてね」ということになります。
これは大人でも結構辛いものです。

乳歯の時期から始めていいの?

「よく、乳歯の時期からでいいの?」
「永久歯になるまで待ってもいいのでは?」

などと言われることがありますが、ブラケット矯正を行うことが前提であれば待ってもいいのです。
つぼい歯科医院は、ブラケット矯正を使用したくないのです。ブラケットをつけるとしても、ほんの一時にするためには乳歯の時期から機能矯正を行いましょう。乳歯の下から、大人の歯が出てきます。乳歯の歯は大事です!

顎の成長期とは?

上顎と下顎の成長期のピークは違います。上顎の成長期のピークは男女ともに6〜8歳です。
下顎の成長期のピークは女子が12歳。男子が14歳から始まるといわれています。特に上顎の成長期の時期は、顔もきれいにできる時期と考えてください。

顎の成長方向は前下方に成長します。ですから、成長期前には、前歯が正常の状態、すなわち上の歯は前にあるようにしておかないといけません。早めに歯は正常の噛み合わせに治してから成長期を迎えましょう。

矯正の期間はどのくらい?

歯は顎の骨のなかをゆっくりと移動しますので時間がかかります。歯の矯正治療の期間は約2年です。しかしながら、歯の動き方には個人差がある(±1年くらい)ので、治療期間が前後することがあります。

そして、歯を動かした後に、周りの骨が固まるのに1〜2年(保定期間)かかります。実はこの「保定期間」が最も大事な時期です。この期間が新しい環境へのリハビリ期間と捉え保定装置を正しく装着しましょう。

矯正治療法

ブラケット矯正(一般矯正)
ブラケット矯正

ブラケット矯正(一般矯正)

矯正治療の中でも最も一般的な治療方法です。
1本1本の歯にブラケット(金属)を接着してワイヤーを通し、小さい力を加えて歯を移動させていきます。
実績があり、安価で安定した矯正治療が行えます。

ブラケット矯正 症例1

症例1 治療前

かなり出っ歯の患者様で上下4本の歯を抜かせていただいて治療をしました。

症例1 治療後

治療後きれいな歯並びに患者様も満足しております。

矯正歯科の症例集

ブラケット矯正の欠点

ブラケット矯正は実にいい治療法であり、これを使うことによって、
「あら不思議、あんな変な歯並びあっと言う間に、ここまできれいに?」
と治ってしまう。

しかし、最大の欠点は「痛いこと」です。
また、ブラケット治療は永久歯に直につけるので永久歯を痛めます。
子供がつける装置の一番目の選択には、とても選びたくない治療法だと思っています。

乳歯の残っている時期に、ブラケット治療によって、一時的に見た目が治ったとしても、バランスの良い頬の力と舌の力がつくれていないため、将来またブラケットが必要になる可能性が出てきます。
ですから当歯科医院では、機能的矯正装置を使って、どうしても治らない人に対してだけこのブラケット矯正を使うようにしています。

「痛くなく治す。」患者様にとって苦痛なく矯正を行う事、これが子供の矯正治療を行っていく中で一番重要な考え方だと思っています。

ビムラー矯正(機能的矯正装置)

夜だけお口の中に入れる装置で、「取り外し式の機能的矯正装置」です。
全く自然に、誰にもきづかれずに、痛くなく、美しい歯並び、美しい笑顔を作ります。それも夜だけはめていれば治ってしまう優れものです。

ビムラー矯正

ビムラー矯正装置

ビムラー矯正

ビムラー矯正装置 装着時

ビムラー矯正 症例1

症例1 治療前

前歯の正中離開(すきっ歯)の状態。

症例1 治療後

きれいな歯並びになりました。

矯正歯科の症例集

ビムラー装置の欠点

「一番の欠点は怠けていては治らない。」これのみです。これが一番の欠点です。
だから親が、きちんとつけているように言い続けなくてはならないのです。個人差と使用頻度による差は確実にあります。「使わないと治らない」これが一番の欠点です。

どれくらい使えばいいのでしょうか?

夜寝る時は絶対です。
昼も1・2時間はつける事を勧めています。
より早く治したいのであれば、一日中つけていることです。自分自身ではっきり解るほど本当に早く動いてきます。

また、一概には言えませんが、本気で患者本人がこの装置のみで治そうと思うと、どういうわけかより早く良くなってくるのです。本人がどれだけビムラー装置のみで良くしたいかという心理による差が出るのです。この不思議な力、サイエンスの力によって治るのですから良い装置です。

ビムラー装置の利点

  • 夜お口に入れるだけの装置です。
  • 小さな子供でも痛くなく使用できます。
  • 抜歯を前提としていません。
  • 虫歯になりづらい。
  • 後戻りが少ない。
  • 歯と顎を一緒に治していきます。
  • 上額と下顎のバランスがきれいになります。
  • 指しゃぶりなどの癖が治ってしまいます。
  • 最悪、もし使わなかったとしても、今よりも絶対悪くはなりません。
Neo−Cap.System(ネオキャップシステム)

このシステムは、Neo‐Capというものに、ビムラー矯正をたすものです。
この2つの装置だけで、ブラケットをつけずに最後まで治療をするというシステムです。

ネオキャップシステムは取り外しのできない機能的矯正装置で、白いレジン(プラスチック)でできています。
乳歯の奥歯に装着することにより噛み合わせを変え、ゆっくりとその人の頬と舌の力により、その人自身のバランスの良いと考えられる位置に、歯を移動していきます。
ネオキャップを装着することにより歯のロックがはずれ、歯が動きやすくなりビムラーが効果的に働くのです。

「人に知られない」「気づかれない」「友達に矯正しているのを秘密にしたい!」
どんなときでも子供に優しくそして簡単に治します。

ネオキャップシステム

Neo−Cap.System
(ネオキャップシステム)

ネオキャップシステム

Neo−Capを装着した状態。

ネオキャップシステム

Neo−Capの利点

  • 痛くない。
  • めんどうくさくない。
  • 人に全く気づかれない。

噛み合わせの深い歯並びは、狭い口の中で成長するしかありません。人は、狭い空間で思い切り動くことが出来ないように、狭い口の中で、舌は思い切り動くことができません。
Neo−Capを入れることにより、広くなった口の中での舌は動きやすく、そして力が強くなっていきます。その力で歯並びも頬側に広がり始め、頬の力もついてきて、舌圧と頬圧との力のバランスの良い位置に歯が移動していきます。乳歯の奥歯につけることで、第一大臼歯の境がもっとも虫歯になりやすく、これが唯一の欠点です。

Neo−Capを装着すると人相が変わります。今まできれいだった子はよりきれいに、そうでない子もべっぴんさんになります。「顔が変わる。」これが、利点です。受け口だった子は、確実に成長の方向を変えていくのがわかります。

Neo−Cap.Systemによる矯正治療手順

現在、ブラケット装置を付ける矯正が主流ですが、つぼい歯科医院では、Neo−Cap.Systemを使って、どうしても治らない人に対してのみブラケット装置を使うようにしています。
「痛くなく治す」患者様にとって苦痛なく矯正を行う事、これが子供の矯正治療を行っていく中で一番重要な考え方だと思っています。

約4年はかかると思って下さい。

なぜなら、この時期の治療で、できる限り歯を抜かないで済むのなら、そういう矯正をしていきたいと考えているからです。しかし、顎の発達は個人によって違うのが事実です。
発達の早さ、治り方によっても大きく異なってきます。ゆっくりと確実に顎の成長を利用していきたいから時間がかかるのです。

小児の矯正治療手順
  • 初めての来院。
  • 歯並びについてご相談の時間をとります。
  • 方法、金額に納得された場合は同意書に記入の上、検査を開始。
  • 写真、レントゲン、お口の型とり。
  • 約2〜4週間後にNeo−Cap(ネオキャップ)を装着、レントゲン撮影と写真。
  • その約1ヶ月後、もう一度お口の型とり。
  • 約2〜4週後にBimler(ビムラー)装着。
  • 毎月1か月ごとに経過、寸法測定、装置の確認。
  • 半年に1度写真とお口の型とり。1年に一度写真、レントゲン撮影、お口の型とり。

ふつうの矯正装置とは違います。お口の中に入れておく装置を主に使います。
ギラギラしたのは、できる限り使わないでいきたいのですが・・・。
人によっては、ほんの少しの時間だけつけさせてもらうことがあると思いますが、それはお許しを・・・。


永井光希子先生 著書のご紹介

永井光希子先生

永井光希子先生の著書です。
ビムラー矯正臨床研究会の会員として、また代表の永井光希子先生にもご指導いただいております。
現在では、英訳版が1冊出版されており、ビムラーとNeo−Capシステムによる矯正治療法は、世界的に認知された治療法と言えます。

永井光希子先生著書

床矯正

床矯正は、可能な限り永久歯を抜かずに行う矯正治療です。
入れ歯のような装置をお口の中に入れ、顎を拡大しながら歯を並べていきます。1期矯正(ほとんど乳歯が残っている状態)に主に用います。
ブラケットによる矯正と違って、装置は取り外しが可能ですので、学校や職場で矯正中とは気づかれにくく、食事の邪魔にもなりません。

上顎に入れる装置です。

上顎に入れる装置です。

見えるバネは取る事も可能です。

見えるバネは取る事も可能です。

下顎に入れる装置です。

下顎に入れる装置です。

装着した様子。

装着した様子。

床矯正 症例1

症例1 治療前

初診時。叢生の状態。

症例1 治療後

2ヵ月後。前歯が移動してキレイになってきています。

床装置(上顎)

床装置の装着(上顎)。

床装置(下顎)

床装置の装着(下顎)。

矯正歯科の症例集
アクアシステム
アクアシステム

透明なプラスチックでできているため、装着していても目立ちません。

“アクアフレーム”と呼ばれるマウスピース型の透明な装置を付け替えていくという、全く新しい矯正歯科治療の方法です。

従来のブラケットとワイヤーによって歯を移動させる矯正治療と異なり、アクアシステムでは透明のフレームを歯列にかぶせて歯の移動を行います。トレー1枚につき0.2ミリ〜0.5ミリずつ動かす仕組みで、何枚ものトレーを使って少しずつ歯を移動させていきます。
装着してもマウスピースが透明であるため、目立ちにくいこともメリットのひとつです。

アクアシステム 症例1

症例1 治療前

正中離開(すきっ歯)の状態。

症例1 アクアフレームを装着

アクアフレームを装着。

症例1 治療後

5ヵ月後の状態。5枚のアクアフレームを使用。

矯正歯科の症例集
部分矯正(MTM)

歯並びや噛み合わせなど歯列全体の治療ではなく、すきっ歯や斜めに生えた歯など部分的に直したい歯を整える矯正治療です。

早い方でしたら3ヶ月ほどで歯を整え問題を改善することができます。その後、保定装置を装着し安定させます。

ページTOPへ戻る
電話番号